法的な借金返済方法のメリット・デメリット記事一覧

個人再生とうものは、自宅を手放さないで借金を結構な額を減らせる制度なんです。個人再生では、弁護士や司法書士に頼んで再生計画を作ってもらい、それが裁判所で再生計画が認可されますと、債務の金額が原則として5分の1〜最大で10分の1に減額されるという制度になります。減額をされた債務は、3年から5年の間で分割により返済をしていきます。自己破産と違い、自宅などの財産を失う事が無いんです。家を持ち続けながら結...

※自己破産支払いに困ってしまい、もう支払えない!!という時期に考える最後の法的な手続きがあるんです。そうなんです、自己破産なんです。その法的な手続きは、債務者(借主)が裁判所に申立をして、本人の持っている財産を全部処分する事を引き換えに、全部の貸した金額を帳消し(免責)にする債務整理やり方の一つで、返す目途が全然無い時の最後の方法なんです。自己破産の件数は、免責許可の成立条件が厳しいとこもあるので...

※特定調停の手続きを利用した借金の返済特定調停とは、民事調停の手続きの一つでもあり、特定債務者の経済的な再建を目的としているとした制度なんです。特定調停をやる為には、債務者(借主)が、簡易裁判所に調停を申し立てをする必要があるんです。だから、借りている人に委任された弁護士が、申し立てを代わりにすることも出来るんです。ですから調停委員を仲裁役としまして、債権者(貸主)と借金の返済する条件を緩和などに...

※返済に困り果てた時の一番ポピュラーな解決するやり方任意整理とは、借金を整理する時に良く使われる手続きなんです。弁護士や司法書士に頼んで、任意の債権者(貸主)を話し合い、借入額や将来利息のカットなどを行いまして、支払いが出来るような契約の内容を変えます。一般的ですと和解の契約書を締結して、契約内容に従い3〜5年の間で返済をしていきます。また自分自身で債権者と話し合いをする事も出来ますが、個人からの...