任意整理のメリット・デメリット

※返済に困り果てた時の一番ポピュラーな解決するやり方

 

任意整理とは、借金を整理する時に良く使われる手続きなんです。

 

弁護士や司法書士に頼んで、任意の債権者(貸主)を話し合い、借入額や将来利息のカットなどを行いまして、支払いが出来るような契約の内容を変えます。

 

一般的ですと和解の契約書を締結して、契約内容に従い3〜5年の間で返済をしていきます。

 

また自分自身で債権者と話し合いをする事も出来ますが、個人からの任意整理の話し合いに答えてくれる金融機関は数少なく、現実的では無いんです。

 

貸付の相手からの減免の交渉に毎回対応していたら、金融会社も損をするし株主からもお怒りを受けるはめになってしまうからです。

 

だから、任意整理というものは裁判所を通す為の手続きに必要な書類の準備の負担などが軽減し、割と簡単にやれるんです。

 

 

※任意整理でのメリット

 

基本は、手続きした後の利息が免除となるので、借金の返済が楽になってきます。

 

消費者金融とかで高い金利の融資を行っている時は、利息の制限法による引き直し計算をやりますので、残っている金額が大幅に減少する事もあります。

 

過去の融資や返済の引き直し計算は難しく、計算方法のやり方によっては借主側に不利となる場合がある為、金融知識に詳しい弁護士を探す必要もあるんです。

 

だから裁判所を通す事がいらない為、一部の債権者(貸主)のみ、任意整理をやる事も出来るんです。その時対象の債権者以外には、特に連絡などを行う必要はござません。

 

 

※任意整理でのデメリット

 

自己破産や個人再生とかの手続きと比べると、借金を減らす効果が高い訳ではないんです。

 

ある一定の収入を得ている方、返済出来る金額まで返済する額を減らす為に利用する手続きなので、返済の目途が全然無い状態では、自己破産を考えた方がいいでしょう。

 

持ち家や自動車を失いたく無いという事なら、個人再生を考える事になります。

関連ページ

個人再生のメリット・デメリット
個人再生を行う上でのメリットとデメリットをご紹介致します。個人再生は自分の財産を減らすことなく借金を大幅に減額させるやり方です。もちらんデメリットもありますので参考にしてください。
自己破産のメリット・デメリット
自己破産をする際のメリットとデメリットを説明します。自己破産は耳にしたことのある方も多いと思います。自己破産は言わば最終手段です。メリット・デメリットともに大きなものがあるので必ず知識を得てから行いましょう。
特定調停のメリット・デメリット
特定調停のメリットとデメリットをご紹介します。特定調停は民事調停の手続きの一つでもあり、特定債務者の経済的な再建を目的としているとした制度なんです。参考にどうぞ。