個人再生のメリット・デメリット

個人再生とうものは、自宅を手放さないで借金を結構な額を減らせる制度なんです。

 

個人再生では、弁護士や司法書士に頼んで再生計画を作ってもらい、それが裁判所で再生計画が認可されますと、債務の金額が原則として5分の1〜最大で10分の1に減額されるという制度になります。

 

減額をされた債務は、3年から5年の間で分割により返済をしていきます。自己破産と違い、自宅などの財産を失う事が無いんです。

 

家を持ち続けながら結構な額の借金を減らせる為、これから制度の利用が増えていくと話題になっている債務整理のやり方なんです。

 

だから、個人再生へのメリットやデメリット、減額に対するの目安、他のやり方との違うところについて紹介していきます。

 

※個人再生でのメリット

 

借金が原則的の5分の1に減らす為に、任意での整理より返す事が楽に出来ます。
自己破産と違って、自宅や所有する車などの財産を失わないで手続きが出来る為、家を失わずに借金を減らし返したい時にはメリットになってきます。
手続きが始まった後は、債権者(貸主)による、給料への差し押さえとかの強制執行の手続きが行う事が出来ないんです。

 

※個人再生でのデメリット

 

住所と氏名が、国が発行している「官報」に掲載されてしまいます。

 

金融機関などのブラックリストに載ってしまい、5年間〜10年の間は新しく借金をする事が不可能になってしまいます。

 

自己破産とは異なり、減った金額の借金を返せるだけの、安定した収入が無いと手続きが行えないところもデメリットになってきます。

 

※他の債務整理のやり方との比例

 

個人再生の特徴は、自己破産と違い借金を相当な減額が出来て、更に自宅を失う必要が無い事です。

 

持ち家を売るのが嫌で、自己破産をするのに悩む方にとっては、でかいメリットがありますが、その逆で安定している収入が絶対に必要になる事がデメリットになります。

 

この数年の債務整理のやり方は、利息の制限法を超過して貸付の部分の引き直しする計算を行って負債を軽減し、過払い金があれば返還の請求をするといった流れが主でしたが、

 

貸金業法の改正から期間が経ち、利息の制限の中で決められた融資額になってきている為、それに代わる方法を探しています。

 

その中でも注目せれているのが個人再生になるんです。

 

利息の制限法に関わらず、キャッシングやカードローンとかの融資額のそのもの自体を大幅にカットでする為です。

 

今は、再生手続きに慣れた弁護士・司法書士が少数な為、実施出来る件数はあんまり多くは無いんですが、債務整理に強い事務所では積極的に取り扱いが開始されています。

 

新たな手続きなので、メリット・デメリットの比較は気を付けてやらなければいけませんが、生活再建に有効なやり方になるでしょう。

関連ページ

自己破産のメリット・デメリット
自己破産をする際のメリットとデメリットを説明します。自己破産は耳にしたことのある方も多いと思います。自己破産は言わば最終手段です。メリット・デメリットともに大きなものがあるので必ず知識を得てから行いましょう。
特定調停のメリット・デメリット
特定調停のメリットとデメリットをご紹介します。特定調停は民事調停の手続きの一つでもあり、特定債務者の経済的な再建を目的としているとした制度なんです。参考にどうぞ。
任意整理のメリット・デメリット
任意整理のメリットとデメリットについて教えます。任意整理とは返済に困り果てた時の一番ポピュラーな解決するやり方なのです。まずはこちらを参考にしてください。