債務整理のタイミングはいつ?

いろいろな事情から多額の借金を抱えて返済が滞るようになったり、あるいは返済の目途が立たないというような借金地獄の生活になってくると、

 

どんなに前向きな性格の人でも将来に対して悲観的になり、精神的にも追い込まれて自暴自棄な考えになってしまうのではないでしょうか。

 

苦痛から逃れるための解決方法として、自己破産や債務整理という言葉も頭に浮かび、法律事務所へ債務整理の相談を…と考え始めると思います。

 

債務整理は合法的に借金を整理する方法で、いくつかの方法や手続きがありますが、裁判所への手続きが不要なことから最もよく利用されるのが、任意整理の手続きです。

 

法律事務所のCM、チラシやホームページ、マスコミの情報を見ると、メリットのみ強調されがちなため、債務整理をすることで借金生活から解放され楽になれるのではないかと明るい気持ちにもなるでしょう。

 

ただし、実際に法律事務所で相談してみると、メリットだけではなく当然デメリットもあり、結果的に失うものも多くあるということが現実に気づきます。

 

この時点で、メリットとデメリットを比べ、十分理解したうえでどうするか、自分自身で選択する必要があります。

 

債務整理をすると決めた場合で、行動を開始するタイミングについてですが、実は明確な基準や正解はないようです。

 

よく検討し、「債務整理をする」という心構えがしっかりと出来たときが、その人にとってのベストなタイミングと思われます。

 

自分で決めた債務整理でも、整理後に、失ったことばかりを気にするようになり後悔する人も多いため、行動のタイミングや方法の選択が重要になってきます

 

その人その人に合ったタイミングをきちんと助言してくれるような、債務整理に強い法律事務所を選び相談することが、問題を解決する最善で最短な方法です。

 

参考としてですが、月収の三割近くが借金の返済に回るようになれば生活は困窮しますので、この時期を行動の目安と考えて相談もよいかと思われます。

関連ページ

債務整理の得るものと失うもの
債務整理を行うと必ず得るものと失うものがあります。得るものはどんな方でもわかると思いますが、失うものに注意してください。
債務整理でブラックリスト入り!失う信用
債務整理をするとブラックリスト入りしてしまいます。ですが、一定の期間を過ぎてしまえばもとに戻ります。現在の借金地獄を出来るだけ早く抜け出すことを考えましょう。
債務整理に必要とされる費用
債務整理に必要とされる費用についてお教えします。債務整理を行う方のほとんどは初めての経験になると思います。そんな中で費用はどのくらい掛かるのか気になると思います。参考にしてください。
受任通知の送付後は返済義務が停止
受任通知の送付後は返済義務が一時停止します。まずは厳しい取り立てをてして債務整理が動き出すのです。
代理人による債務整理
代理人による債務整理は原則難しいです。家族や親しい知人でも本人でなければ債務整理の手続きを取ることは出来ません。
債務整理の手続き方法について
債務整理の手続き方法についてご紹介致します。債務整理を行う方のほとんどが初めての経験になると思います。そんな中で、手続きの方法も分からなくて当然だと思います。是非参考にして下さい。