債務整理をすることで、借金問題に生じるデメリットとは?

現在抱えている借金の問題で、どう考えても返済していくことが困難となってしまった場合、

 

債務整理をすることで借金問題を解決することができるという大きなメリットがあります。

 

しかしその一方で、デメリットも存在することもありますので、そちらもしっかり知っておく必要があります。

 

 

では、債務整理にはどんなデメリットが挙げられるのかと言うと、もっとも大きいことが「社会的信用を失う」という事です。

 

この社会的信用を失うというのは、

 

例えば新規で銀行口座などを作りたいという場合やクレジットカードを新規で作りたいという場合は原則できなくなります。

 

なお、社会的信用を失う以前に開設していた口座については殆どの場合そのまま継続して使用することができますが、

 

クレジットカードの返済が滞っている場合は注意が必要です。

 

 

また、就職や資格の取得にも制限が科せられることがあり、

 

例えば「弁護士」「司法書士」「行政書士」「警備員」などの職業には就けなくなります。

 

ただそのような制限も、どの債務整理を利用したかによって期間も異なってきますので、

 

詳しくは弁護士または司法書士に確認するようにしてください。

 

ちなみに、債務整理を行うと、今後銀行からの融資などは一切受けられないと思っておいた方が良いです。

 

 

そして、専門の弁護士や司法書士に依頼をする場合、

 

相談は無料で受けられることはありますが手続きには当然ながら費用がかかります。

 

費用は債務整理の種類や事務所などによって異なりますので、費用面も含め直接確認してみるのも良いでしょう。

 

いずれにせよ債務整理をおこなう場合、それぞれにメリットやデメリットがありますので、そうしたことを良く知ったうえで手続きするようにしましよう。