債務整理の得るものと失うもの

債務整理とは、多額の借金を抱え苦しむ人々を救済するために国が設けた借金を整理する制度で、任意整理や自己破産、個人再生などに分類されます。

 

債務整理の最大のメリットは、借金が免除されることです。

 

借金が免除されることにより、借金によって圧迫された家計が改善されます。

 

自己破産であれば、個人や企業に関係なく全ての借金を帳消し(免責)にでき、個人や企業に関係なく全ての支払い義務から開放されますので、支払の督促からも解放されます。

 

個人再生では借金そのものを消すことはできませんが大幅な減額ができ、任意整理では裁判所での手続きがなく、特定の企業とだけ和解するということができます。

 

これに対しデメリットの方は、利用する制度によって違いがあります。

 

自己破産では資産を全て手放すことになり、個人再生でもほとんどの資産が回収されてしまいます。

 

任意整理は資産を残せますが、借金全てを減額ということはできないため、他の整理方法より返済額が残ってしまい、多重債務者にとっては焼け石に水といった一面もあります。

 

また、どの方法であっても、官報などの信用情報機関に債務整理をした事実が掲載され、信用情報にキズが付いてしまいます。

 

いわゆるブラックリスト入りとなるので、一定の期間クレジットカードの作成やローンを組むことができなくなります。

 

基本的にメリットが大きいほどデメリットも大きくなり、その度合いは大きいものから自己破産、個人再生、任意整理という順番です。

 

自己破産をすれば借金の煩わしさから開放されますが、その代わりに預貯金なども失うため、これまでの生活はできなくなると考えた方が良いでしょう。

 

任意整理はデメリットが少ないのですが、メリットもあまりありません。

 

どの整理方法を選択するかは、自分の借金の大きさによってで変わってきます。

関連ページ

債務整理のタイミングはいつ?
債務整理を行うタイミングは非常に難しいですよね。ですが考えていても借金は減りません。考える前に弁護士に相談しましょう。
債務整理でブラックリスト入り!失う信用
債務整理をするとブラックリスト入りしてしまいます。ですが、一定の期間を過ぎてしまえばもとに戻ります。現在の借金地獄を出来るだけ早く抜け出すことを考えましょう。
債務整理に必要とされる費用
債務整理に必要とされる費用についてお教えします。債務整理を行う方のほとんどは初めての経験になると思います。そんな中で費用はどのくらい掛かるのか気になると思います。参考にしてください。
受任通知の送付後は返済義務が停止
受任通知の送付後は返済義務が一時停止します。まずは厳しい取り立てをてして債務整理が動き出すのです。
代理人による債務整理
代理人による債務整理は原則難しいです。家族や親しい知人でも本人でなければ債務整理の手続きを取ることは出来ません。
債務整理の手続き方法について
債務整理の手続き方法についてご紹介致します。債務整理を行う方のほとんどが初めての経験になると思います。そんな中で、手続きの方法も分からなくて当然だと思います。是非参考にして下さい。