債務整理に必要とされる費用

債務整理を司法書士や弁護士に依頼する際に発生する費用には、いくつか種類があります。

 

主なものに、着手金、成功報酬金、過払い報奨金などがあります。

 

最初に発生してくるのが着手金で、司法書士や弁護士に依頼するタイミングで支払うことになりますが、その金額は債務整理の対象となる金融機関の数に比例します。

 

1社につき2万円が相場となっており、借入先(金融機関)の数が多ければ多いほど、着手金の金額は多くなるということになります。

 

最近では着手金を請求しない事務所も増えていますが、その代りに事務手数料を請求するというところもあり、この場合数万円掛かるようです。

 

着手金と事務手数料の両方を請求するところもありますので、最初の相談の際に料金設定についてきちんと確認しておくことが大切です。

 

成功報酬金については、債務整理の手続きがうまく行われた場合に支払う費用ですが、債務整理後に支払います。

 

着手金同様に金融機関の数に応じた金額になり、その金額も着手金とほぼ同額というのが相場です。

 

過払い金とは、本来支払う必要がなく金融機関に支払い過ぎたお金のことですが、債務整理によっては、過払い金が多かったために返金される場合があります。

 

過払い報奨金は返金された金額の20%から25%で、利率は弁護士事務所によって違います。

 

債務整理に必要な費用は、以上の3つの費用の総額で、そのほか印紙代などの実費が掛かることになります。

 

最近では、着手金ゼロで手続きを始めてくれる司法書士事務所や、費用を分割払いにしてくれる弁護士事務所などもあるようです。

 

債務整理をしようとしている債務者はもともと金銭的に困っている人で、弁護士費用も出せそうにないという人もいます。

 

柔軟に対応してくれるところを探すことをお勧めしますが、まずは相談に行くことが債務整理の第一歩です。

関連ページ

債務整理のタイミングはいつ?
債務整理を行うタイミングは非常に難しいですよね。ですが考えていても借金は減りません。考える前に弁護士に相談しましょう。
債務整理の得るものと失うもの
債務整理を行うと必ず得るものと失うものがあります。得るものはどんな方でもわかると思いますが、失うものに注意してください。
債務整理でブラックリスト入り!失う信用
債務整理をするとブラックリスト入りしてしまいます。ですが、一定の期間を過ぎてしまえばもとに戻ります。現在の借金地獄を出来るだけ早く抜け出すことを考えましょう。
受任通知の送付後は返済義務が停止
受任通知の送付後は返済義務が一時停止します。まずは厳しい取り立てをてして債務整理が動き出すのです。
代理人による債務整理
代理人による債務整理は原則難しいです。家族や親しい知人でも本人でなければ債務整理の手続きを取ることは出来ません。
債務整理の手続き方法について
債務整理の手続き方法についてご紹介致します。債務整理を行う方のほとんどが初めての経験になると思います。そんな中で、手続きの方法も分からなくて当然だと思います。是非参考にして下さい。