債務整理の手続き方法について

債務整理をしようと決めても、何から手をつけていいのか分からず、途方に暮れることもあるかと思います。
そんなときには、迷うことなく、まず弁護士や司法書士と相談するための、事務所探しから始めることをお勧めします。

 

そう言われても、弁護士と司法書士、どちらを選べばいいのかと思われるかもしれません。そんなときには、借り入れ金額で判断するのも1つの方法です。借入額が高額になっている場合は弁護士、それほど高額ではない場合は、司法書士を探してみてください。

 

弁護士や司法書士の事務所では、いままでの金利がいくらだったのか、過払い金がないか、などを正確に報告し、その上で、どの種類の債務整理を行うべきかについて、相談していくことになります。

 

ただし、相談をしただけでは、債務整理の手続きが開始したことにはなりません。弁護士や司法書士に委託を依頼した時点で、取り立てがストップすることになります。

 

弁護士や司法書士に債務整理を依頼する場合は、自分自身では交渉ごとなどをするようなことはありません。金利の引き直し、金融業者との交渉は、すべて弁護士や司法書士が行いますが、必要な書類をそろえる必要はあります。

 

金融業者が和解に応じませんと、裁判になる可能性があります。裁判では、出廷を必要とされることもありますから、できるだけ債務整理の経験が多い弁護士や司法書士をしっかりと選んで委託するべきでしょう。金融業者の主張にばかり引きずられてしまうような弁護士や司法書士では困ってしまいます。

 

弁護士費用は、和解が成立した後に支払うことになります。事務所によっては、分割払を受け付けているところもありますので、事務所と相談するときに、支払い方法をしっかりと決めておくのがよいでしょう。

関連ページ

債務整理のタイミングはいつ?
債務整理を行うタイミングは非常に難しいですよね。ですが考えていても借金は減りません。考える前に弁護士に相談しましょう。
債務整理の得るものと失うもの
債務整理を行うと必ず得るものと失うものがあります。得るものはどんな方でもわかると思いますが、失うものに注意してください。
債務整理でブラックリスト入り!失う信用
債務整理をするとブラックリスト入りしてしまいます。ですが、一定の期間を過ぎてしまえばもとに戻ります。現在の借金地獄を出来るだけ早く抜け出すことを考えましょう。
債務整理に必要とされる費用
債務整理に必要とされる費用についてお教えします。債務整理を行う方のほとんどは初めての経験になると思います。そんな中で費用はどのくらい掛かるのか気になると思います。参考にしてください。
受任通知の送付後は返済義務が停止
受任通知の送付後は返済義務が一時停止します。まずは厳しい取り立てをてして債務整理が動き出すのです。
代理人による債務整理
代理人による債務整理は原則難しいです。家族や親しい知人でも本人でなければ債務整理の手続きを取ることは出来ません。