債務整理後、新たに借り入れすることはできるのか?

借金が多額になってしまい返済していくのが困難である場合、

 

債務整理をおこなうことで借金問題から解放され、生活していくのが随分と楽になります。

 

債務整理は、借金の額を減額してもらえたり、

 

金利の見直しや借金の残債自体をすべて免除してもらえたりする場合もあるので、借金に苦しんでいる方には救いの手段であります。

 

しかしながら、債務整理をおこなうということは同時に社会的信用も失うということにもなりますから、その辺をしっかりと覚えておきましょう。

 

債務整理をおこなうと、ほとんどの場合ローンを組んだりお金を借りたりすることができなくなるということを知っておきましょう。

 

 

ただ、「債務整理をした後でもお金を貸出しますよ」という金融業者も中には存在しているようですが、

 

そういった業者はほぼ違法な取引をおこなう金融業者ですから、もし債務整理後に勧誘されても絶対に手を出してはいけません。

 

さらに詳しく言うと、裁判所は一度債務整理を行った債務者に、再び債務整理を認めるということがありません。

 

すなわち、違法な金融業者は、この「二度と債務整理が認められない」というところに目を付けるわけです。

 

債務整理が認められない状態であれば、返済できなくても債務者は法で守られることがありませんので、

 

阻止されることなく催促や取り立てが出来てしまいますので非常に危険です。

 

債務整理を行い、正式に借金問題に区切りがついた場合、

 

二度目からの債務整理はもうできませんので、しっかりと生活を立て直していくようにしてください。