債務整理で注意することは?

自分の借金に、保証人がついているかどうかを、きちんと把握しているでしょうか。

 

保証人がついている借り入れでは、債務整理を取り入れて、手続きが完了となりますと、その借り入れは保証人に移ることになります。

 

一般的なフリーローンでは、通常、保証人を必要としませんので、保証人の有無について忘れてしまっている場合があるかもしれません。けれども、住宅購入の場合などでは、親戚などの保証人があることがほとんどです。

 

保証人になってもらっている人がいることを忘れたまま、手続きを行ってしまいますと、借り入れの返済を保証人が行うことになってしまいます。もしもその保証人になってくれている人が、返済できなくなってしまうと、保証人の方も債務整理を行わなくてはならなくなります。

 

連絡もなしに、保証人に多額の借金が移ってしまうようなことになれば、保証人との信頼関係は完全に崩れてしまいますし、多大な迷惑をかけることにもなります。債務整理の手続きの前に、必ず、借金の保証人がどうなっているか、誰にお願いしているか、すべて把握するようにしましょう。

 

また、債務整理を取り入れますと、その後は新たな借金ができなくなるのですが、債務整理をを取り入れていない金融業者からは、そのまま借り入れが出来てしまうような場合があります。

 

もしも、債務整理前に、借り入れをしていなかったカードローンや、クレジットカードのキャッシング枠が残っていたとしても、新たな借り入れを行うようなことは、決してしないように注意しましょう。

関連ページ

債務整理のタイミングはいつ?
債務整理を行うタイミングは非常に難しいですよね。ですが考えていても借金は減りません。考える前に弁護士に相談しましょう。
債務整理の得るものと失うもの
債務整理を行うと必ず得るものと失うものがあります。得るものはどんな方でもわかると思いますが、失うものに注意してください。
債務整理に必要とされる費用
債務整理に必要とされる費用についてお教えします。債務整理を行う方のほとんどは初めての経験になると思います。そんな中で費用はどのくらい掛かるのか気になると思います。参考にしてください。
債務整理の手続き方法について
債務整理の手続き方法についてご紹介致します。債務整理を行う方のほとんどが初めての経験になると思います。そんな中で、手続きの方法も分からなくて当然だと思います。是非参考にして下さい。