債務整理を取り入れるべきなのか?その目安について

借金の問題を解決する為に、債務整理はとても有効な手段ですが、これはしっかりと覚えておく必要があります。

 

それは何かというと、いずれかの債務整理を一度でも行った場合、

 

再度債務整理を利用することはほぼ出来ないということをしっかり覚えておいてください。

 

ですから、ただ借金の返済が嫌になったからなど債務整理を安易な考えでおこなうのは絶対に止めてください。

 

 

ではここで、債務整理を利用する際の目安をお伝えしますと、

 

およその目安は毎月の収入より返済額が3割以上になっているなっていないかが債務整理の目安とされています。

 

具体的には、子供の学費が払えない、

 

病院に行く余裕がない、公共料金が止められてしまっているなど、

 

日常生活を送る上で極めて困難である場合が想定されます。

 

 

とは言え、現実借金の返済で日常生活を送るのかなり厳しいという場合は、返済額が収入の何割になっているか?

 

などというよりも、先ずは弁護士などに相談しに行くことを強くおすすめします。

 

そうやって弁護士や司法書士に相談することで専門的な知識で適切に判断してもらえますし、

 

もし今抱えている借金の額がそれほど多額ではないと判断された場合は、

 

なかでももっとも簡単な債務整理で解決できるかもしれません。

 

 

ただやはり状況次第では自己破産という債務整理を選択するしかない場合もあり、

 

家を所有している場合は最悪家を手放さなければならないケースもあります。

 

 

いずれにせよ、今現在の借金状況などを判断しどの債務整理が適正なのかどうかというのは、

 

やはり専門家である弁護士や司法書士に相談することがベストな方法ですから、

 

もし今借金の問題を抱えていてどうしたら良いのかわかならい状況にいる場合、

 

どうしたら良いのか考えているだけでは何も解決せず、むしろ日が経つにつれて状況は一層厳しくなりますから、悩むことはありませせん。

 

まずは弁護士や司法書士に相談するようにしましょう。