いくつかに種類分けされる債務整理、その種類とは?

債務整理はいくつかの種類があり、

 

その種類は「任意整理」「特定調停」「民事再生」、

 

そしてもっとも重大な債務整理となる「自己破産」があります。

 

なかでももっとも簡単に手続きをすることができるのが「任意整理」という方法です。

 

もし、借金返済に困り、債務整理を使い解決したいという場合は自分一人でやろうなどとせず、

 

専門の弁護士や司法書士に一度相談し、専門家の意見を聞きながら進めていくことがもっとも賢明です。

 

 

また、債務者の中には借金が免除されるとして「自己破産」を望む人が多々おりますが、

 

自己破産の手続きはとても難しく、借り入れ金額や収入、さらに資産の状況など膨大な資料の収集や、

 

その上裁判所に認められるようしっかりとまとめていかなければなりませんので、

 

自分で判断せず専門家との相談は必須であると考えておいてください。

 

 

なお、債務整理の手続きが開始されると、借金の督促など取り立てがすべて一旦停止状態になります。

 

ですが、債務整理をすることに対し全ての金融業者がすぐ応じてくれるとは限りませんし、手続きによっては裁判が必要な場合ももちろんあります。

 

そうなってくるとやはり専門的な知識がない債務整理の手続き自体とても苦しくなってきますので、

 

やはり専門の弁護士や司法書士に依頼することが賢明です。

 

借金問題を弁護士や司法書士に相談した場合、そこに借金に過払い金があると判明されたりすることもあります。

 

もし債権者が違法な金利などで貸し付けをおこなっていた場合、時に返済の必要もなくなることも十分あり得ることなのです。

 

ですから、現在自分が抱えている借金の状況や状態などを明確にして知っておくことはとても大切なことだと言えますので、

 

しっかり専門家に相談するようにしましょう。