借金問題で返済が困難となった時の「債務整理」について

消費者金融やクレジットカートなどから借り入れをし、

 

返済が多額になり過ぎてしまったり何らかの事情で借金を返済していくのが難しくなってしまった場合など、

 

借金問題を解決していくために債務整理という手続きが取られることがあります。

 

 

この債務整理は、弁護士や司法書士などに依頼をし、債権者に金利の引き直しや、

 

借金の減額、さらに分割払いの見直しや借金自体の免除、など債務者の状況に併せて手続きをおこない、

 

借金の問題を解決していくことを目的とした手続きです。

 

 

実際この債務整理をおこない、数多くの債務者が借金問題を解決されています。

 

 

そんな債務整理ですが、債務整理のなかでもいくつか種類が存在し、

 

対象の借金の状態や債務者の状況などによってどの方法が取られるかが決定されます。

 

ちなみに、債務整理のなかでも自己破産というものがありますが、これはもっとも重大で凄く重い債務整理になります。

 

 

自己破産の手続きが完了すれば、全ての借金は無くなり返済する必要がなくなりますが、

 

一方で所有している財産は全て没収され、尚且つ長期に渡り社会的信用を失うことになるので、自己破産は出来る限り避けたいところです。

 

 

なお、債務整理は種類によっては弁護士などに依頼せず自分で手続きを進めることは可能です。

 

しかしながら、手続きを進めるにあたり当然ながら法律の知識も必要とされ、

 

また裁判所に出廷し裁判をしなけらばならないという場合もありますので、

 

そうなった場合は対応がとても難しく、素人では到底対応しきれなくなってきます。

 

 

しがたって、どんな手続きであろうが債務整理をおこなう場合は、弁護士または司法書士に依頼をする方が賢明です。

 

 

とは言え、弁護士費用や司法書士費用などが心配だという人も、なかには少なくないと思います。

 

しかし最近では無料相談を実施している弁護士事務所も増えてきているので、

 

借金の問題で悩んでいる方は無料相談を受けてみることをおすすめします。