債務整理の知識を高める記事一覧

借り入れの返済ができなくなったり、債務整理を取り入れたりすることによって、ブラックリストに名前が載るという話を、聞いたことがあるのではないでしょうか。実際には、ブラックリストなるものは、存在していません。それに相当するものとして、個人信用情報と呼ばれている、金融業者同士が共有しているデータがあります。それには、名前や住所、生年月日、収入などのほか、借り入れを行った履歴、延滞の履歴、携帯電話、公共料...

債務整理を行いますと、困難な返済のために追い詰められていた生活がラクになり、借金から自由になったと感じる方が、たくさんおられます。実際、債務整理を取り入れることによって、借り入れ額が減額となったり、金利が引き直されたり、借り入れそのものが帳消しとなったりする場合もありますので、そのように感じるのは、自然なことであるでしょう。けれども、債務整理によって、社会的な信用が失われているということを、よく理...

親しくしている親族や知人が多額の借金をしている、返済もなかなか出来ていないとを聞けば心配するのは当然と思います。返済が難しい借金で苦しんでいる債務者を救済する制度として、債務整理があります。債務整理は弁護士や裁判所を通して、借金の一部免除や全額免除をしてもらう方法で、任意整理・自己破産・個人再生があり、多くの債務者が手続きを行っています。動こうとしない債務者が歯がゆく、債務者本人が行動を起こさない...

債務整理をした場合、各信用情報機関に登録されて、いわいる『ブラックリストに載る』という状態になりますが、実際にブラックリストというリストは存在しません。債務整理にはいくつかのデメリットが伴いますが、ブラックリストに載ってしまうことが一番重大なケースのようです。どんなに借金返済に困っていたとしても、簡単に債務整理を行なおうとしないのは、長期間金融機関から信用を失ってしまうこと、情報が残っている間は新...

債務整理を依頼された弁護士は、依頼者(相談者、債務者)から債務整理の依頼を受けたという受任通知を債権者に送付します。債務者は、債務整理が終了するまでの期間は返済義務が停止しますので、債権者への支払いを中断することができます。また、受任通知を受け取った債権者には、取り立てを停止しなくてはならないという法的効果が生じます。依頼者(債務者)の多くは債権者からの取り立てによって疲弊しているため、まずは取り...