ブラックリストとは

借り入れの返済ができなくなったり、債務整理を取り入れたりすることによって、ブラックリストに名前が載るという話を、聞いたことがあるのではないでしょうか。

 

実際には、ブラックリストなるものは、存在していません。それに相当するものとして、個人信用情報と呼ばれている、金融業者同士が共有しているデータがあります。

 

それには、名前や住所、生年月日、収入などのほか、借り入れを行った履歴、延滞の履歴、携帯電話、公共料金の延滞、カードの保有枚数、フリーローンの契約をしている業者の数など、お金に関することが全て記載されています。

 

そうした情報のなかで、債務整理など、金融業者から見て悪い情報に当たる部分を、ブラックリストとして取り扱っています。

 

借り入れを行う場合の審査では、この個人信用情報を参考にして、借り入れの返済が可能であるかどうかを、金融業者が判断することになります。

 

債務整理は、個人信用情報のなかでも、最も悪い情報となりますから、債務整理を取り入れた過去のある人は、新たな金融業者との契約は不可能となりますし、住宅ローンや自動車ローン、教育ローンといったものの借り入れも、一切できなくなります。

 

また、新たな銀行の口座を作る場合や、クレジットカードを作る場合にも、個人信用情報がチェックされますから、債務整理を行った人は、契約ができなくなります。

 

個人信用情報は、自分自身で開示請求をすることが可能です。どうなっているのか気になる場合には、ネットなどを使って、情報をチェックしてみましょう。

関連ページ

債務整理の後に借り入れ
債務整理の後に借り入れについてお教えします。債務整理後は財産が失われていますので、当然お金に困るケースが増えてきます。そんな中で借り入れが出来るのかをご紹介しますので参考にしてください。
代理人による債務整理
代理人による債務整理は原則難しいです。家族や親しい知人でも本人でなければ債務整理の手続きを取ることは出来ません。
債務整理でブラックリスト入り!失う信用
債務整理をするとブラックリスト入りしてしまいます。ですが、一定の期間を過ぎてしまえばもとに戻ります。現在の借金地獄を出来るだけ早く抜け出すことを考えましょう。
受任通知の送付後は返済義務が停止
受任通知の送付後は返済義務が一時停止します。まずは厳しい取り立てをてして債務整理が動き出すのです。