債務整理でブラックリスト入り!失う信用

債務整理をした場合、各信用情報機関に登録されて、いわいる『ブラックリストに載る』という状態になりますが、実際にブラックリストというリストは存在しません。

 

債務整理にはいくつかのデメリットが伴いますが、ブラックリストに載ってしまうことが一番重大なケースのようです。

 

どんなに借金返済に困っていたとしても、簡単に債務整理を行なおうとしないのは、長期間金融機関から信用を失ってしまうこと、情報が残っている間は新規のローンが組めないこと、クレジットカードが使えないことなどからです。

 

一部の人に誤解されていますが、過払い金請求をするだけなら、ブラックリストに載ることはありません。

 

ただし、過払い金請求をした後に借金が残っていて、それを任意整理した場合にはブラックリストに載ることになります。

 

どの債務整理手続きを行なったかによって、信用情報機関への登録期間は異なります。

 

任意整理の場合は5年、個人再生や自己破産の場合には、5年から10年という長い間ブラックリストに載ってしまいます。

 

任意整理という方法を選択する理由の1つは、ブラックリストに載る期間が短いからということのようです。

 

個人再生と自己破産の登録機関が同じなのであれば、自己破産をしたほうが有利と考える方もいるかもしれませんが、マイホームを残したい人は個人再生を選ぶこともあります。

 

また、2〜3か月間の自己破産手続き中は一定の職業に資格制限があるため、一定の職業(保険募集人や警備員等特定の資格を必要とする職業)の方も、個人再生を選ぶようです。

 

住宅ローンの審査が通らないことでマイホームの購入が出来ない、地方に住む人が車のローンを組めないことで生活に支障が出るなど、デメリットは大きいかもしれません。

 

借金の負担を減らす必要が大きいのであれば、一度は債務整理を検討してみることをお勧めします。

関連ページ

ブラックリストとは
借金問題に付き物のブラックリストとはどの様な物なのかをご紹介致します。ブラックリストは借金問題に悩まされていない方でも一度は耳にしたことがあると思います。なんとなくは分かっていても正確なことまでは分かっている方は少ないと思います。
債務整理の後に借り入れ
債務整理の後に借り入れについてお教えします。債務整理後は財産が失われていますので、当然お金に困るケースが増えてきます。そんな中で借り入れが出来るのかをご紹介しますので参考にしてください。
代理人による債務整理
代理人による債務整理は原則難しいです。家族や親しい知人でも本人でなければ債務整理の手続きを取ることは出来ません。
受任通知の送付後は返済義務が停止
受任通知の送付後は返済義務が一時停止します。まずは厳しい取り立てをてして債務整理が動き出すのです。