債務整理の後に借り入れ

債務整理を行いますと、困難な返済のために追い詰められていた生活がラクになり、借金から自由になったと感じる方が、たくさんおられます。

 

実際、債務整理を取り入れることによって、借り入れ額が減額となったり、金利が引き直されたり、借り入れそのものが帳消しとなったりする場合もありますので、そのように感じるのは、自然なことであるでしょう。

 

けれども、債務整理によって、社会的な信用が失われているということを、よく理解しておく必要があります。

 

債務整理後は、新たな借り入れ、借金をすることが、出来ない場合が多いのです。なぜなら、裁判所の許可を出さないからです。

 

債務整理後でも借り入れが可能であるという広告を出していたり、しきりに勧誘してくるような金融業者もありますが、そうした業者は、ほぼ確実に、闇金のような違法な行為を行うところであることも、分かっておくべきところです。

 

一度債務整理を行った人は、二度目の債務整理を裁判所が許さない場合が多いため、貸す側としては、金利の引き直しや借金の帳消しによって、取り立てを妨害されることがないという利点があります。借りる側には、返済不可能となっても、もはや債務整理で守ってもらえないということですから、非常に危険であるということはご理解いただけるでしょう。

 

債務整理後は、決して危険な借り入れをしないように、生活をしっかりと立て直し、お金の使い方をよく見直しましょう。

関連ページ

ブラックリストとは
借金問題に付き物のブラックリストとはどの様な物なのかをご紹介致します。ブラックリストは借金問題に悩まされていない方でも一度は耳にしたことがあると思います。なんとなくは分かっていても正確なことまでは分かっている方は少ないと思います。
代理人による債務整理
代理人による債務整理は原則難しいです。家族や親しい知人でも本人でなければ債務整理の手続きを取ることは出来ません。
債務整理でブラックリスト入り!失う信用
債務整理をするとブラックリスト入りしてしまいます。ですが、一定の期間を過ぎてしまえばもとに戻ります。現在の借金地獄を出来るだけ早く抜け出すことを考えましょう。
受任通知の送付後は返済義務が停止
受任通知の送付後は返済義務が一時停止します。まずは厳しい取り立てをてして債務整理が動き出すのです。