受任通知の送付後は返済義務が停止

債務整理を依頼された弁護士は、依頼者(相談者、債務者)から債務整理の依頼を受けたという受任通知を債権者に送付します。

 

債務者は、債務整理が終了するまでの期間は返済義務が停止しますので、債権者への支払いを中断することができます。

 

また、受任通知を受け取った債権者には、取り立てを停止しなくてはならないという法的効果が生じます。

 

依頼者(債務者)の多くは債権者からの取り立てによって疲弊しているため、まずは取り立てを停止させます。

 

受任通知の送付は、債務整理の手続きが動きだしたということです。

 

弁護士は債務や資産の調査を進め、債務者は自分の生活に集中できますので、整理後の返済に向けて生計を立て直すことが可能です。

 

一刻も早く取り立てを止めてほしいという理由から、依頼前に受任通知を送付してほしいと考える方もいますが、あくまでも債務整理の依頼を受けてからしか、送付はできません。

 

早く取り立てを止めてほしい、早く返済を止めたいのであれば、弁護士に早く依頼をして契約をしなければいけないということになります。

 

早く取り立てを止めたいという思いから、早々に弁護士を決めてしまうことも危険ですので、慌てず信頼できる弁護士を探しましょう。

 

受任通知を受取りながら取立てを継続することは、違法行為にあたりますので、そのような行為が続く場合は弁護士に相談して下さい。

 

債務整理には、任意整理、自己破産、個人再生などの種類がありますので、弁護士に相談し、自分にあった整理方法を選択して下さい。

 

受任通知の送付後、債権者に和解案を提示するまでの間はにしばらく時間が空きます。

 

取り立ては止まりますが、全て解決したわけではないので、次の段階への準備を弁護士と相談しながら進めましょう。

 

債務整理の手続きが完了したら、整理方法に応じて対応していくことになりますが、自己破産した場合は返済が免除となります。

関連ページ

ブラックリストとは
借金問題に付き物のブラックリストとはどの様な物なのかをご紹介致します。ブラックリストは借金問題に悩まされていない方でも一度は耳にしたことがあると思います。なんとなくは分かっていても正確なことまでは分かっている方は少ないと思います。
債務整理の後に借り入れ
債務整理の後に借り入れについてお教えします。債務整理後は財産が失われていますので、当然お金に困るケースが増えてきます。そんな中で借り入れが出来るのかをご紹介しますので参考にしてください。
代理人による債務整理
代理人による債務整理は原則難しいです。家族や親しい知人でも本人でなければ債務整理の手続きを取ることは出来ません。
債務整理でブラックリスト入り!失う信用
債務整理をするとブラックリスト入りしてしまいます。ですが、一定の期間を過ぎてしまえばもとに戻ります。現在の借金地獄を出来るだけ早く抜け出すことを考えましょう。