借り入れの時効はありますか?

借金が巨額になってしまいますと、その金額をどうにかしたいと思う人が、多いのではないでしょうか。

 

過払い金が発生していないか、おまとめローンを使えないか、債務整理を取り入れるべきではないのか……などと、様々な案が出てくるなかで、生活をきちんと立て直していける方法を、しっかりと選んでいかなくてはなりません。

 

実は、借り入れには、時効というものが存在しています。時効が成立しますと、借り入れは全て帳消しとなります。ただしこの方法は、自ら選択することはできません。

 

借り入れを時効にするためには、5年間、債権者からの取り立てが全く行われず、そのまま放置されている状態が続く必要があります。個人間での借り入れですと、時効の成立までには、10年が必要であるとされています。

 

借り入れを時効にするために、夜逃げという形で引っ越しを行う人もいます。もちろん、債権者側は、借り入れの時効が成立してしまっては大損してしまいますので、夜逃げをした場合でも、どうにかして転居先を発見して、督促状を送ってきたりすることになります。

 

夜逃げをすれば居場所は発見されないと、安易に考えてはいけません。仕事を始めたり、住民票を移動させたりすることで、居場所は簡単に分かってしまうのです。それでも逃げようとすれば、もはや通常の生活を送ることは不可能になってしまうでしょう。

 

借り入れの時効を目指すようなことをするよりも、債務整理を取り入れたほうが、安心して生活していくことができます。まずは、弁護士や司法書士に、状況を相談してみることをお勧めします。