多重債務に注意しましょう

債務整理を行う人の大半は、困難な多重債務の状況になってしまっています。

 

多重債務では、借り入れの返済を、

 

別の金融業者からの借り入れで行うような状態となっていて、

 

借り入れをやめることができなくなっている場合がほとんどです。

 

借りなければ返せない、自転車操業の状態です。

 

新たな借り入れをすれば、返済ができると考えてしまう人がとても多いのですが、

 

そういうやり方をする人のほとんどが、

 

毎月の返済分よりも多い金額を借りているため、

 

借り入れ額がどんどん膨らんでしまっています。

 

そうなりますと、借り入れによる返済を繰り返すうちに、どこの金融業者でも、借り入れ限度額に達してしまうということになります。

 

限度額を超えて借り入れをすることは不可能ですから、また別の金融業者を探すことになり、

 

そこでも借り入れ金が膨らんでしまって……と、悪循環が止まらなくなってしまいます。

 

どこからも新しい借り入れが出来なくなってしまえば、当然、返済も出来なくなります。

 

そのように行き詰まった多重債務の状態で、債務整理を行う人がとても多いのです。

 

多重債務に陥る人のほとんどは、計画的な借り入れができない人でもあります。

 

自分の借り入れの金額がどうなっているか、

 

正確に判断して、無理な借り入れを行わないようにするためにも、多重債務は、絶対に避けるべきです。

 

債務整理を取り入れなくてはならないほど、

 

借入額が膨らんでしまうようなことが、決してないように、生活をしっかりと管理していきましょう。